見出し画像

第1回 カオスなSaaS業界

はじめに

 はじめまして。深沢です。まずは簡単に私自身の自己紹介をさせて頂きます。私は2012年に新卒でセブンインターネットラボ(現セブン&アイ・ネットメディア)へ入社し、約6年システムエンジニア(インフラ担当者)として従事していました。当時はまだまだクラウドサービスは商用利用としては普及しておらず、データセンターで物理サーバを構築する日々を送っていました。その後、2017年に株式会社デジタルシフトウェーブへ転職し、「デジタルシフトでビジネスに新しい波を」というビジョンの下、様々なITベンダーと一体となって、クライアントに最適なプロダクトを提案する、ということを行っています。クライアントへの営業だけではなく、導入からサポートまで自分自身で実行するのですが、それは、「誰よりも顧客のことを深く理解するために、一気通貫した仕事をするように」という、社長からの助言でもありました。

今回の連載をさせていただくにあたって

 実際に多くのクライアントの方々(主に経営企画部門)からこんな相談を頂いています。

「店舗と本社の紙のやり取りをなくしたいが、何から始めればいいかわからない」
「勤怠管理をクラウド化したいが、どのパッケージを選べばいいかわからない」
「システム部から提案が上がってくるが、本当にシステム費用が適正なのかわからない」

 本連載ではクライアントの皆様から相談された悩み、主にSaaSのパッケージの導入について、実際にどう進め、どう対応したのか、また現場で起きた問題点や課題点も踏まえながら、リアルな実践方法をお伝えしていきたいと思います。

カオスなSaaS業界

 さて、皆さんがよく目にするタクシー広告の多くは、「経費精算の電子化」や「データ分析の可視化」といったSaaSのパッケージについての広告ではないでしょうか。「SaaS」とは「Software as a Service」の略で、クラウドで提供されるソフトウェアのことを指します。ユーザー側にソフトウェアをインストールするのではなく、サービスベンダー側でソフトウェアを稼働させ、ユーザーはネットワーク経由でソフトウェアを利用出来ます。最近ではタクシー広告だけでなく、TVCMでもSaaSのパッケージについて目にする機会が増えてきていると思います。SaaS業界は国内市場でも堅調に成長を続け、特に業務領域だと、財務会計、人事給与、営業などのSaaS化が急激に進んでいるといわれ、まさにカオスなSaaS業界です。

画像1

(出展:スマートキャンプ社「Horizon SaaS カオスマップ 2019年版」より)

導入のポイント

 SaaSパッケージを導入する上で重要なのは、業務とシステムの両方を理解することです。業務だけがわかる、システムだけがわかる、といったようにどちらか一方だけ理解していてもダメで、業務とシステムの両方を理解し、定義した要件のもとでパッケージを選定し、導入していく必要があります。なぜなら、SaaSのパッケージ導入で上手くいくポイントは「システムを業務に合わせる」のではなく、「業務をシステムに合わせる」ことだからです。
SaaSのパッケージは様々な企業が要望する機能や、法律上必要な機能が既に備わっています。また、競争が激しいSaaS業界では、常にベンダー側も新機能のリリースや機能改善を実施しています。そのため、既にある機能では業務要件が満たせないと、自社のためにカスタマイズするのはナンセンスで、必要であれば業務を変えてまで、ノンカスタマイズで導入することが、成功のカギとなっていきます。

 この連載を通して、SaaSパッケージ導入のポイントを、大きくは以下の3つに分けて、詳しく解説していきたいと思います。

①システム部門を巻き込んだパッケージの選定
②ノンカスタマイズで導入するための業務要件の整理
③全体最適を考える

次回はSaaSパッケージ導入のポイントの1つ目である、①システム部門を巻き込んだパッケージの選定、ということについて、詳細をご説明していきます。

(つづく)

★関連記事
第2回 システム部門を巻き込んだSaaSパッケージの選定 
第3回 ノンカスタマイズで導入するための業務要件の整理
第4回 全体最適で考える

深沢 七菜(Nana Fukasawa)
2012年4月新卒として大手小売業グループのシステム会社に入社。入社から5年間以上、インフラエンジニアとして従事。基幹システムからWEB系のシステムまであらゆるシステムの基盤を構築、保守、運用を担当。システムのセキュリティ資格取得の推進も実施。インフラだけではなく、もっとフロントや上流の業務を経験したいと思い、2017年8月に(株)デジタルシフトウェーブに入社。

▼お問合せやセミナーのご依頼はこちらまでお気軽にご連絡ください。

▼デジタルシフト実践者から学ぶ「デジタルシフト塾」塾生募集中です。

デジタルシフト塾


スキありがとうございます!
33
日本企業が急務としている本格的なデジタル化への移行、すなわち、デジタルシフト。 デジタルシフトマガジンは、デジタルシフトに取り組む方向けに、デジタルシフト実践者による本当に役立つ情報をお届けいたします。(株)デジタルシフトウェーブが運営しています。

この記事が入っているマガジン

プロダクト選定の実践
プロダクト選定の実践
  • 4本

デジタルシフトウェーブのプロデューサー深沢七菜が、クライアントの皆様から相談された悩み、主にSaaSのパッケージの導入について、実際にどう進め、どう対応したのか、また現場で起きた問題点や課題点も踏まえながら、リアルな実践方法をお伝えしていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。